So-net無料ブログ作成
検索選択

届いたよ~ [購入]

え~、前の記事にもちょっと紹介したんですが、Panasonic SL-E10が届きました。
今回は送料含めて3500円で購入できたのでラッキーでした。(相場は3000円前後の商品なのですがw)

sl-e10.JPG
             SL-E10とKA-10SH

購入にあたってちょっとこの商品のことを調べえ見たんですけど、どうもコンデンサの液漏れが多いみたいです。
なので再生確認後、外ケースを外してみて確認してみました。

内部1.JPG

内部はこんな感じですね。すごくスカスカw 本体の重さが軽かったのでだいたい予想はしてましたが(汗

kazの購入した物はコンデンサの液漏れは1つもありませんでした。(ラッキー
取りあえずは音も無事に出て、操作も正常なので安心です。

あと肝心の1bit DAC部ですけど、たぶんここの部分だと思います。

内部2.JPG

kazの予想ではもっとキッチリ詰まっていると思っていたんですが、見るからにスカスカです...
もしかしたら基盤の裏側に秘密が隠されているのでしょうか?w
確認は面倒くさいんでコンデンサが液漏れを起こして、交換するときに確認しますw






音はそんなに悪くはないように思います。
まぁ3500円だど思うといい買い物だったと思いますね。


ここで以前から保有しているPioneer PD-D9と比較してみました。
  接続方法:CDP(アナログアウト) → audioquest King Cobra 2 → KA-10SH → beyer DT880PRO

 PD-D9 比較的フラットに近い音。ちょっと低音の押しが弱いかな。
       味付けが少なく、ちょっと冷たい感じもある。
       細かい音までしっかり拾ってくれる。

 SL-E10 中低音よりのピラミッド。ほんわかしたした柔らかい音。
        音の輪郭はボヤケ気味で、音の拾いも甘い。
        ボーカルは滑らかさもあり、そんなに悪くない。


大まかに書いてみました。やっぱりPD-D9と比べちゃうと粗が目立っちゃいますねw
まぁ購入金額が大きく違いますので仕方のない事なんですがw

でもちょっと予想外だったのがSL-E10の音がウォーム寄りのだったことですね。
てっきり1bit DACの影響でクール寄りの音だと思っていましたので、完全に間逆の音でした。

でもある意味よかったのかもしれません。PD-D9がクール系の音なので使い分けが出来ますし、
ゆったりリラックスして聞くにはSL-E10の音のほうがいいかもしれませんね。


現在はPCラックの下に鎮座していまして、アナログ出力はKA-10SHとつないで、
デジタル出力(光)はaudio-gdのsparrow につないでいます。


こんな感じで音楽充していますw





ではでは


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

kaz

はまちゃん 様。

nice! ありがとうございます。
by kaz (2012-01-23 20:55) 

kaz

bob 様。

nice! ありがとうございます。
by kaz (2012-02-06 13:59) 

がぶりちゅう

記事にまったく関係のない質問で恐縮ですが、黒bispaは
ギャングエラーが出るのでしょうか?
くだらない質問ですが回答してくださると幸いです。
by がぶりちゅう (2012-02-17 22:59) 

kaz

がぶりちゅう 様。

コメント ありがとうございます。

基本的にギャングエラーどのアンプでも多少は出てしまいます。
私の黒bispaは売却してしまったので確認は出来ませんでしたが、
同じbispaのPHPAの白bispaで確認してみたところ、
ボリュームが8時くらいまではギャングエラーを確認できました。
あまり酷いようでしたら、一度購入されたお店にご相談された方がよろしいかと思います。
by kaz (2012-02-20 17:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。