So-net無料ブログ作成
検索選択

高かったなぁ~ [購入]

先日、オーディオトラックのオンラインストアを見ていて、
気になった商品を購入してみました。


JRCと言うメーカーのオペアンプ MUSES8820D、MUSES01、MUSES02です。
JRC自体あまり有名でないかもしれません。
なのでちょっと説明。
日新日本無線株式会社(しんにほんむせん)は、
東京都中央区に本社を置くマイクロ波電子管や半導体など製造する企業。   
 ※ Wikipediaより引用
http://www.njr.co.jp// ←JRCのホームページ
http://semicon.njr.co.jp/jpn/MUSES/index.html ←MUSES専用ページ

純日本企業ですね。
オペアンプを作っているメーカーは多くはアメリカやイギリスと言った海外メーカーが有名です。
どうも、国内唯一のオペアンプを作っているメーカーみたいです。

以前、NJM2114と言う購入していたんですが、音の印象があまり好みでありませんでした。
なので、その他のメーカーの物ばかり購入していました。
そこにです。JRCが新型のオペアンプを出してきました。
しかもお値段が高い。MUSES01、MUSES02は約4000円/個します。
いろいろ見てましたら、「これは好みの音では」と思えてきました。
でも高い。ホント高いです。他のオペアンプが1000円前後が多い中、4000円ですよ。
なのでなかなか購入に踏み切れませんでした。

そんな中です。ふと気が付いたのです。
「今までヘッドホンやイヤホンを数万円で購入してたのに比べれば安いじゃないか」と。
そう思ったが最後。販売しているところを検索して、即購入していました。
後悔はありません、きっと…  

で、聴いてみた感想を
まずMUSES01です。
説明から
2回路入りJ-FET入力高音質オペアンプ MUSES 01
心に響く"真実の音"を追求した高音質オペアンプMUSES 01は、
音質に大きな影響を与えるフレームに、世界で初めて
※無酸素銅を採用したハイエンドオーディオ機器に最適なオペアンプ製品です。
※当社調べ 2009年5月現在

製品機能及び特徴の概要

動作電源電圧 Vopr= ±9V ~ ±16V
低雑音 9.5nV/√Hz typ. @f=1KHz
入力オフセット電圧 VIO= 0.8mV typ. 5mV max.
入力バイアス電流 IB= 200pA typ. 800pA max. @Ta=25°C
電圧利得 Av=105dB typ.
スルーレート SR=12V/µs typ.
バイポーラ構造
外形 DIP8
(実装面積8.8×6.4×6.75mm)
応用 高級オーディオ機器/プロ用オーディオ機器

MUSES01p.jpg

音はとても柔らかい音。音が降り注ぐような感じ。
しかも解像度が高い。これにはちょっと驚きました。
音の角がとれていて、とても聴きやすいです。
P4をこれに似た方向に調整していたので、ばっちしマッチしました。

続いてMUSES02です。
説明から
2回路入りバイポーラ入力高音質オペアンプ MUSES02
新日本無線では、オーディオIC技術を結集した
J-FET入力高音質オペアンプMUSES01を開発しましたが、
MUSES02は市場要求に柔軟に応えるために開発された
バイポーラ入力の高音質オペアンプです。

製品機能及び特徴の概要

動作電源電圧 Vopr= ±3.5V ~ ±16V
低雑音 4.5nV/√Hz
入力オフセット電圧 VIO= 0.3mV typ. 3mV max.
入力バイアス電流 IB= 100nA typ. 500nA max. @Ta=25°C
電圧利得 Av=110dB typ.
スルーレート SR=5V/µs typ.
バイポーラ構造
外形 DIP8
(実装面積8.8×6.4×6.75mm)
応用 高級オーディオ機器/プロ用オーディオ機器

MUSES02.jpg

音としては高解像度。はじめ聴いた時、顔がニンマリするのが分かりましたw
かなり好みの音です。切れがよくて、輪郭はっきり。ちょっと冷たい。
いい買い物をしました。4000円でこれだけ音が好みになれば、ホント儲けもんです。
今はP3に入れています。

最後にMUSES8820Dです。
まず説明から
オーディオ機器向け
2回路入り高音質オペアンプ MUSES 8820
MUSES8820は、MUSES01/02の求めた高音質の開発コンセプトを踏襲しながら、
チップ及びフレーム材料の最適化を図り生産能力向上とコスト低減を実現した
バイポーラ入力タイプの2回路入りオペアンプです。
MUSES01/02で採用したDIPパッケージ(リード挿入型)に加え、
オーディオ機器メーカでの量産性向上及び環境負荷軽減を考慮した、
鉛フリー/ハロゲンフリー対応の表面実装タイプパッケージ(EMP8)が採用されています。

製品機能及び特徴の概要

動作電源電圧 Vopr= ±3.5V ~ ±16V
低雑音 4.5nV/√Hz
入力オフセット電圧 VIO= 0.3mV typ. 3mV max.
入力バイアス電流 IB= 100nA typ. 500nA max. @Ta=25°C
電圧利得 Av=110dB typ.
スルーレート SR=5V/µs typ.
バイポーラ構造
外形 DIP8
(実装面積8.8×6.4×6.75mm)
EMP8
(実装面積5.0×6.0×1.65 mm typ.)
応用 高級オーディオ機器/プロ用オーディオ機器

MUSES8820.jpg

一個400円の音ではありません。流石に上位の2機種には遠く及びませんが、
かなりの実力を持ってます。
音はMUSES02に近いものがあります。どちらかと言うと解像度重視。
一つ一つの音がはっきりしてます。
このオペアンプはお試し用としておすすめです。
この音が気に入ったら迷わずMUSES02を購入することをオススメします。


こんな感じですこし紹介させてもらいました。
高かったですけど、いい買い物が出来て満足です。

あと補足。オペアンプを逆に入れないで下さい。
電源を入れた瞬間、死んでしまいます。
他のオペアンプでは少しの時間、逆刺ししても大丈夫なんですけど…
先日、MUSES01が逝ってしまいました。右側から音が出ません。
なので、緊急に再度調達しましたよ。。ホントタカカッタ


ではでは

nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 6

kaz

はまちゃん 様。

nice! ありがとうございます。
by kaz (2011-01-26 01:58) 

kaz

dna 様。

nice! ありがとうございます。
by kaz (2011-01-26 01:59) 

kaz

SKYLINE 様。

nice! ありがとうございます。
by kaz (2011-01-30 22:20) 

moonrabbit

ヘッドホンとの価格を比較してしまうと、泥沼決定ですね。w
ナショ・セミのOPアンプの音も好きですが、MUSES8820Dもわりと好みです。
安価路線一本槍なので、01と02にはまだ手を出していません。ww
by moonrabbit (2011-02-07 05:03) 

kaz

moonrabbit 様。

nice!&コメント ありがとうございます。

>ヘッドホンとの価格を比較してしまうと、泥沼決定ですね。w
ですですw ヘッドホンより安いからと言って沢山購入してしまうんですよね。
でも、そうやって沢山買ってしまうので、結果的にヘッドホンが買える金額になってしまいますorz

ナショ・セミのOPアンプも良いですよね。私も好きです。
8820ですけど、ある方の話だと、02よりも良い音がする構成があるみたいです。ちょっと興味があります。
by kaz (2011-02-08 23:20) 

kaz

Chris 様。

nice! ありがとうございます。
by kaz (2011-02-08 23:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。