So-net無料ブログ作成

The Voyager レビュー [ヘッドホンアンプ]

特徴
・携帯性に優れ、低電力設計で電池が長持ち
・パワフルでクリアーなサウンド
・iPodと同じサイズでかさばりません
・わずか180グラムと軽量
・contourスイッチ オンで雑踏のなかでも生き生きとしたサウンドを楽しめます
・高品位ヘッドフォンを生かしきるドライブ力
・電源は内蔵電池のほかにUSB、*AC100Vアダプタが使えます
http://www.try-all-jpn.com/electronic_components/hi-end_audio/voyager.html 購入先より

gfnwagj.JPG

外観
プラスチックで3万円以上する物に見えない。
左横にあるスイッチが電源の切り替え用スイッチ。
あと左側には12ー24V電源入力端子がある。
右側のスイッチがcontourスイッチ。その上にUSB電源端子がある。
電池BOXは裏側の上端にある。
ゲインスイッチは付いていない。(ゲインの切り替えは出来ない)

DSCN0083.JPG

内部画像。オペアンプにはAD823AN、ADM660が載っている。
全体として結構ショボイ。

使い勝手
ボデーは大きめ。厚さと幅はiQubeとあまり変わらないが長さは2cm位長い。
重さは軽い方。
ボリューム、入力、出力は前面にある為、取り回しなどは良い。
再生時間はかなり長い。
NEXcellの9.6V角型ニッケル水素電池 200mAhで30時間以上は再生できた。
(同じ電池でPortaphile V2^2 だと1~2時間)

音質
とても柔らかい音。
どの音域も飛び出しての特徴は無いが、全体的に音の厚みが増す。
艶がとてもあり、心地よく鳴るアンプである。
すべての音の角が取れていながらも、とても滑らかで、
それぞれの音がしっかり繋がっている。クリアさもある。
分解能はあまりよくない。(ipodよりは良い)
解像度はまあまあ。価格からすると微妙。
室内楽やバラードなどとはとても相性が良く、とてもリラックスして聞ける。
逆にロックや電子音などとは相性が良くない。
スチール弦ギターよりナイロン弦ギター、エレキベースよりウッドベースの方が相性が良い。
ボーカルは男性でも女性でも相性が良く、とても艶があってよい。

ゲインの切り替えはないが、出力は高めでK702も鳴らすことも出来た。
またiQubeみたいにホワイトノイズが出ることはない。


このアンプの一番の注目点がcontourスイッチだと思う。
スイッチにはFLATとCONTOURがあり、CONTOUR側にするとONになる。
実際スイッチをONすると全く違うアンプになる。
スイッチをONにすると一番最初に気づくのが低音の多さである。
とても力強く、音圧も高い。制動力もあり、ぼやける事もない。
OFFの時の低音が「トーン、トーン」なのが、ON時には「ズドーン、ズドーン」みたいになる。
分かり難い表現になっているが、実際想像以上変化する。
興味がある方はSuper.fi 5EBでスイッチONで聞いてみて欲しい。
頭を鈍器で殴られたような感じで低音が押し寄せてくる。
低音の量と音圧で気持ちが悪くなる事がしばしばある程、強烈。
低音だけでなく、他の音も増えて、鋭さが増す。
高音も量、鮮やかさ共に増し、煌びやかな印象になる。
中音の解像度は格段に上がる。しかし艶は無くなる。
分解能はとても良くなる。一音一音きっちり分けて鳴るようになる。
全体的に音が引き締まり、速度が出る。また音場は横に広くなる。

ここまで読むとcontourスイッチはONの方がいいんじゃないかな、
と思われる方が多いと思われるが、正直この音で聞いていると、30分で聴き疲れする。
その為、kazは余程の事が無い限りスイッチをONにしない。
あと2時間くらいON状態で聞いていたら、アンプからノイズが出た事もあるので、
アンプにとってもあまり良くないのだと思う。

あと補足として機種の音色がガラリと変わる機種がある。
代表として PHILIPS SHE9850
他のアンプだと中低音よりだが、Voyager につなげると中高音よりになる。
ETYMOTIC RESEARCH のER4P-24をつないだ時と同じ感じになる。
他の機種としては
audio-technica ATH-CK90PRO
SHURE SE425-V-J
Klipsch Image X10
などがある。全体として中低音よりの機種が多いかも。
低音の量が半分くらいになり、スッキリとした音になる。
CK90PROやImage X10はバランスが良くなる。

好み度
10段階中  7.0

音の方向性としては、あまり好みではない。
しかし確実に引き付けられるものを持っている機種なのは確か。
それが無ければ確実に売却している。
音が柔らかく分解能がよくない割りに、解像度は高く透明感もある。
そしてボーカルに艶がとてもある。
ゆっくり聴いていると、こんなのも有りかなと感じてくる。
kazはTL-T51-BELDEN 8412-Voyager-IE8の組み合わせがお気に入り。
とても滑らかに鳴ってくれる。ゆっくり聴きたい時は大抵この組み合わせで聴いている。



contourスイッチを含め、個性的な機種である。その為、万人向けではないが、
落ち着いて聴きたい時や柔らかい音を好む人にとってはいい機種だと思う。
またアンプを複数持っていて、少し変わった機種を考えている方にはオススメ。




nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

kaz

ひろさん
nice!ありがとうございます。
by kaz (2010-08-14 11:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。